Just another WordPress site

経営戦略とは

戦略とは、
現在地から目的地に到達するために、
経営資源を最適に活用することである。

戦略の構成要素
①現在地→環境分析→強み把握→ドメイン(事業領域)の設定
②目的地→KGI・KPIの設定→KFSの発掘
③経営資源を最適に活用→経営戦略策定(強みを活かした施策の作成と実行)

 

まずは、環境分析をして①現在地を把握する。そして、②目的地(KGI・KPIの設定)を設定する。

①と②のギャップを分析して、

そのギャップを埋めるために強みをさらに強化、ドメイン(事業領域)の再設定、経営資源の再調達を行い、

経営戦略の策定を行う。経営戦略を実行する。

もし、①現在地と②目的地が現状を改善したレベルならば、イノベーションが生まれない目的地になり、戦略を策定する必要がありません。

つまり、現状把握できている経営資源を効率よく使い切るだけの経営計画の策定で済むはずです。

現状、顕在化している経営資源を有効活用するレベルの経営計画では、経営環境が激しい、そして低成長の経済環境では生き残れません。

経営戦略は、①現在地と②目的地(挑戦的な値)のギャップを埋めるために、

現状の強みを活かす施策の策定(また、将来強化すべき強みを発掘し、育成する)する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です